2006/11/09

というわけで、

2回連続で本紹介はなんだかなぁという事で、
ちょっとだけ日記更新しておきました。下の日記も見てね!

ごめんね、でも下の日記すごい短いの。
内容も無いけどwww(゚Д゚)ジャポ(・∀・)ニカ!



では読み終わったお薦め本紹介。

4062739321播磨灘物語〈1〉
司馬 遼太郎
講談社 2004-01

by G-Tools



うん、面白かったです。長いけど。
豊臣秀吉に仕えた天才軍師と言われる黒田如水の生涯を書いた小説。
秀吉の中国攻めなんかがどういう感じだったかとか、
中国大返しをした時の状況とか、良くわかりました。

改めて歴史小説って勉強になるなぁと思ったね。
教訓的なものとか、得るものが多いかなぁとつくづく思いました。
当たりだと思った歴史小説。





4062751941半落ち
横山 秀夫
講談社 2005-09

by G-Tools


横山秀夫さんの小説初めて読みました。
なんだか男っぽい文章でね、ああっ濡れるって感じ?

で、この「半落ち」は2003年版『このミステリーがすごい!』国内編では第1位に選ばれていたんだけど、直木賞選考会でさほど高い点は得られず、「落ちに欠陥がある」とさえ言われ、受賞できなかったらしんですよ。
んでこの横山さん、直木賞と決別宣言しちゃったらしいんです。
まぁ詳しくはググって見てください。

という訳でこの問題作を見てみますかと思い立ったんですよ。
警察官が妻を殺害して自首してきて、動機も経過も素直に話すが殺害から自首までの二日間の行動だけは語ろうとしなく、それを解明しようとする人々の話です。

まぁオチがあんまり気にいらないっちゃ気に入らないけど、面白かったと言えると思います。
これからボチボチこの人の作品読みたいなぁって思う。





4062751666時生
東野 圭吾
講談社 2005-08-12

by G-Tools


古本屋でたまたま見つけて買った本。
不治の病を持つ息子の最後の時が訪れつつある時、主人公が妻に20年以上前に出会った少年との思い出を語り始め、その少年がタイムスリップ?した息子だったんだという話。

意外に面白かったです。
うん主人公のダメッぷりがね、僕にそっくりでした。
俺がいるって感じ?
心の底から俺乙。






4062739275麦の海に沈む果実
恩田 陸
講談社 2004-01

by G-Tools


結構前から恩田陸さんの小説はまってるんですよ。

三月以外の転入生は破滅をもたらすと言われている全寮制の学園に、二月最後の日に来ちゃった主人公の話。
話が二転三転しますからハラハラ読めました!
最後のオチはアマゾン見る限り賛否両論らしいですが、僕はこれでもいいかなぁと思ってます。




〜継続読破中〜

愛と幻想のファシズム 村上龍 ←この小説ちょっとグロイんで恐ろしく読むペース遅くなりそうっす。ただ今挫折寸前中ですwwwww
posted by ヴぃ at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006/11/02

最近読んだ本について

インテルも無事にCL勝ちましたね\(^o^)/インテル ハジマタ!

というわけで最近読んだ本でも紹介しときます。
結構読んだんですけど、ほんとにお薦めっていう本だけ紹介しときますね。
敵をつくりたくないんでw

うはwww小心者のヴぃでございますwww⊂二( ^ω^)⊃





4396208138陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
祥伝社 2006-05

by G-Tools


「陽気なギャングが地球を回す」の続編。

もうニヤニヤしっぱなしでしたね。
台詞回しが絶妙というか、もう魅力的な登場人物ですね。
台詞回しが上手い森博嗣のS&Mシリーズと同様好きなシリーズになりそうです。(全然タイプ違うけどね!)

「地球を回す」の方が面白かったかなぁとは思いますが、
「日常と襲撃」も十分面白かったといえます。

エンターテイメントとして一品かと。






4101250227ラッシュライフ
伊坂 幸太郎
新潮社 2005-04

by G-Tools


陽気なギャングが面白かったので、伊坂作品を読んでみようと買った本。
併走する四つの物語(四人の主人公?)が、最終的に交錯するという物語。
最後の方は怒涛のように交錯していくので、飽きずに読めたかな。
え?こんな所で交錯してたの?なるほど!って感じ。
こういう内容の小説は多々あるんだろうけど読んだ事無かったので新鮮でした。






4043710011ドミノ
恩田 陸
角川書店 2004-01

by G-Tools


上で紹介した「ラッシュライフ」のような感じの小説。
ただラッシュライフはちょっとミステリちっくだったかなぁというのに対し、ドミノはパニックコメディって感じです。

あと違う点があるとすれば、登場人物の多さかな。
ドミノは、合計27人の登場人物がいます。
一体この人は誰だ?って感じで何回登場人物の紹介欄に戻った事か…。
まぁでもそのめんどくささを差し引いても面白かったかなぁ。
スピード感とドタバタ感では圧倒的にこっちの方があったかなという印象です。
笑えます。爆笑って感じじゃないですけど、ニヤニヤ系?(・∀・)ニヤニヤ
ただ最後のオチが微妙すぎ!






4101234175夜のピクニック
恩田 陸
新潮社 2006-09

by G-Tools


ちょっと紹介しようかどうか迷いましたが、紹介しときます。
夜を徹して80キロを歩きとおすという、高校最後のイベント「歩行祭」についての物語。
「郷愁」というか、そんな青春俺にも有ったなぁ的、懐かしい感じを味わう内容です。
好きな人もいれば嫌いな人は嫌いかと。

ついでに言うと、いろんな事が起こるんですが基本的に「80キロ歩く」祭なので飽きる人は飽きるかと思います。
まぁでも読み終わった後に「青春って素敵やん?」って、
青春がはるか昔に色んな意味で終わった僕が呟いていたのは確かです。






ついでにw

4094161015やっぱりおまえはバカじゃない
吉野 敬介
小学館 1998-02

by G-Tools


説明不要!勇気をもらったw







〜ただ今読破中〜


愛と幻想のファシズム(上・下) 村上龍

播磨灘物語(一〜四) 司馬遼太郎


posted by ヴぃ at 17:36 | Comment(4) | TrackBack(1) |

2006/09/25

陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎

4396332688陽気なギャングが地球を回す
伊坂 幸太郎
祥伝社 2006-02

by G-Tools




を読みました。
最近、乙一さんの小説とかをぼちぼち読んでたんですが、
なんだか疲れてしまって小説あんまり読まなかったんです。

で久しぶりに読んだ本が面白かったのでご紹介。

兄貴に薦められていたんですが、ずっと読まなかった作品。
映画化されたとかで知っている方もいるかもしれません。
痛快で、陽気。登場人物が面白すぎました。特に響野という人物が。
ストーリーも二転三転するのでワクテカで読めるかと。

あまり頭を使わずに読めるエンターテイメントという感じ。
疲れる小説は嫌だという方にお薦め。





追記:新潟旅行について、あと2回ほどで更新しようかと思っております。
うん、時間があるときにでも。
あの人生に二度とないのではないだろうかという攻め(ハプニング?)の記録を残したいのでw。
まぁそれを面白く書けるかどうかは分かりませんが。
もうちょっと待ってね。



追記2:昨日333プチ飲み会がありました。
久しぶりに会えた友人なべさんもいて楽しかったです。
特に勝氏にはほぼ奢ってもらう形になってしまってごめんね(´Д⊂グスン
いつか必ず!

地元組の方ぜひまた飲みましょう!
そしてなべさんまた年末に!



追記3:インテル4−0で楽勝か?と思わせておいて、結局最後の15分で4−3まで追いつかれるってどういういう事だよwww⊂二( ^ω^)⊃
まさにインテル劇場щ(゚Д゚щ)
これだからインテルのファンはやめられませんwww
このヒヤヒヤ感たまんねwwww
posted by ヴぃ at 02:39 | Comment(2) | TrackBack(0) |

2006/09/04

フェルマーの最終定理

寝ようと思ったんですけど、なかなか寝付けないので、
昨日読み終わった本を紹介。



4102159711フェルマーの最終定理
サイモン シン Simon Singh 青木 薫
新潮社 2006-05

by G-Tools



フェルマーの最終定理とは、


n+Yn=Zn   nが2より大きいとき整数解は存在しない


という数学界最大の難問の事です。



このフェルマーの最終定理が1995年ワイルズによって、いかにして証明されたかという事柄をドマラチックに書いてあります。

3世紀にわたって数々の数学者達がこの難問に挑み敗れていき、そして最終的にワイルズが証明するという劇的なクライマックスでは読むのやめられないよって感じでした。


勉強しなきゃいけないのにぃーーー!!!
俺のばかっーーー!!!!!



また、このフェルマーの最終定理を証明するに当たって、日本人の谷山豊氏と志村五郎氏の二人の数学者が発表した「谷村=志村予想」が重要なカギとなったという事実にも驚かされました。
日本の数学者もなかなかやるね!


多少難解な部分も有りますが、純粋な文系人である僕でも難なく読める代物ですし、数式ではなく人間ドラマを中心とした小説でしたので、数学が苦手という方でも楽しめると思います。
下手な小説よりも感動するかと。




じゃあちょっと理系ついでに僕のベスト3に入るくらい好きな小説(ミステリー)について。


4062639246すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
森 博嗣
講談社 1998-12

by G-Tools




名古屋大の現役工学部助教授である森博嗣さんのデビュー作です。

このシリーズは犀川助教授と西之園萌絵が登場するシリーズとして10冊ぐらい出てるんですけど、全作に滲み出ている理系臭…。

登場人物がほとんど理系人で、発言とかもすべて理系チックです。
こんな奴らは実際居ねーよ!と突っ込まれるかもしれませんが…。


この小説の冒頭で、

「1から10までの数字を二組に分けて、その両方ともグループの数字を全部掛け合わせた場合、その2つの積が等しくなる事はあるか?」


という問が出てきたりします。
理系の人なら即答しちゃう問題かもしれませんが、
僕は分かりませんでしたorz
実際理系に進んだ友人に聞いてみたら即答してましたwやるな理系人!


この本を読んだ時、ここまで劇的に、そしてこんなに綺麗な終わり方をする小説を読んだ事が無かったので衝撃でしたね。
まぁ当時はそんないっぱいミステリーを読んでたわけではないからかもしれませんが…。
とりあえず僕がミステリーにハマった原因を作った小説です。

(ちなみに僕の好きなミステリーベスト3は、
「すべてがFになる(シリーズ全部)」、「容疑者Xの献身」or「白夜行」、「火車」かな…。一応好きな作家別に。
注;僕の日記にたびたび出てくる京極さんの小説はミステリーではありません。妖怪小説ですw)




また社会とか研究に対する考え方とか、登場人物の犀川助教授がふとしたきっかけでいろいろな事をさらっと言ったりしますが、それがなんとも切れ味たっぷりで勉強になる部分も多いんですよ。

ああそうそう、登場人物がやたらコーヒーと煙草を吸うんで、ついついコーヒー飲みながら煙草吸って読んじゃったり…。


クセがあるので評価が分かれると思いますが、

ミステリー好き or 理系人 or コーヒーと煙草が大好き という方はためしに読んでみてはいかがでしょう?

97、8年ぐらいの本だったと思うので古本屋とかで結構安く手に入ると思いますよ。







posted by ヴぃ at 00:15 | Comment(7) | TrackBack(0) |

2006/08/27

ダヴィンチ・コードが意外に面白かった件

4042955037ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 2006-03-10

by G-Tools



うん、読んだんですよ最近。
えっ?今頃?とか言うな!遅れてるっ!て言うな!

まぁ最後の方はグデグデもいいとこだとは思いましたが、ウンチクを暇つぶしに読んでみたと思えば、まぁ良かったかな。
確かにこの本読むと映画を見てみたくなりますね。
建築物とか実際の物を見てみたい(´Д⊂デモ、サイアクナンデショ…


ついでに最近までに読んだ本を紹介。




4167135434天と地と 上
海音寺潮五郎
文藝春秋 2004-03-12

by G-Tools



最高に面白かったです。
上杉謙信の話です。(上、中、下の三巻)
地元の地名とかガンガン出てきますし、地元の事なのに知らない事が多かったというイメージです。
個人的には「燃えよ剣」に並ぶ最高の歴史小説だと思います。

あっ、ちなみに『燃えよ剣』って書こうとしたら、『萌えよ件』って変換されましたorz
ああいいさ。可哀想な子っ!って思えばいいさ!




4061965433上杉謙信
吉川 英治
講談社 1989-10

by G-Tools



「天と地と」があまりに面白かったから読んでみた作品。
正直言ってそれほど面白くはなかったかな。
四度目の川中島の戦いのみに焦点を当てた作品でした。





4103025131風林火山
井上 靖
新潮社 2006-08-24

by G-Tools



来年の大河ドラマの原作という事で読んでみました。
本当は文庫版の画像探したんですがなかったので、単行本の画像です。ご了承ください。

山本勘助が川中島の戦いで死ぬまでの生涯を書いた作品です。
ほんとかどうか知りませんが「山勘」という言葉の語源の人です。

一応、武田軍の天才軍師という事を前提に書かれた作品です。(最近では、もっと身分が低い人で軍略を助言できるほどの身分ではなかったのでは?という説があります。)

武田信玄の女好きにヤキモキしてしまう内容でしたが、湖衣姫haahaa_black-middle.gifという方は見てみてもいいかもしれません。

本当はこんな身分高くねーよ!という先入観からか、あまり楽しめませんでした。



4041290074新選組血風録
司馬 遼太郎
角川書店 2003-11

by G-Tools



高校時代の友達のひとさんが読んでみて結構面白かったと言っていたので、ためしに読んでみた作品です。

うん、新撰組好きは読んでみるべきだと思います。
ただ同じ新撰組を扱った「燃えよ剣」のほうが新撰組の殺伐とした雰囲気と土方歳三の熱さを体感できると思います。

あっ、ちなみに土方歳三の写真って見た事ありますか?
大河ドラマの「新撰組!」は最悪だと思ってましたが、唯一ほめる事が出来る点は「山本耕史が土方歳三に似ている点」だと思っています。

↓↓↓結構美男子な土方歳三↓↓↓
toshizo.jpg


最初見たときは、

え?誰コレ?ジャッキー・チェン?

って思いましたよ。




あと画像がなかったのですが、

新史太閤記 (上巻)
司馬 遼太郎
4101152101



を読みました。
題を見ればすぐ分かると思いますが、豊臣秀吉の生涯を書いた作品です。(上、下の二巻)

僕は晩年の秀吉が好きではないのですが、幸運にも天下を取るまでしか書かれておらず、ラッキーだと思っていたのですが、僕が間違ってました。


晩年どころか、信長が死んで、天下取っちゃる!と思い始めた頃からの秀吉が大嫌いでした!


どうもね、策略をめぐらす所とかね、裏表があるところとかね、なんか気に食わなかったです。
まぁ天下を取るためには政治的な要素は必要不可欠だとは頭では分かっているんですが…。なんか( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

という訳で政治的策略が嫌いなので、当然それがべらぼうに上手かった武田信玄も徳川家康も嫌いですけど。

でもまぁ名作だったかなぁと思います。



歴史小説はまだ読みかけのやつもあるんですけど、当分は読まないかな。
また読みたくなってくるまで暖めておこうと思っております。

posted by ヴぃ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(2) |

2006/08/14

googleと警察

4166605011グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚
文藝春秋 2006-04

by G-Tools


という本を昨日買って読みました。
じむさんこの日記の所で紹介されていて、
ちょっくら読んでみようかと思いまして読んでみましたよ⊂二( ^ω^)⊃

うーん、知らない事が多かったという印象ですね。
個人的には中小企業がどのように生き残っていくか、どのような広告戦略を立てればよいのかという所が面白かったかな。
「将来的に独立をしようか」と考えている資格組の方達とか、結構興味深く読めるんじゃないかなぁ。
まぁ一つのモデルとして参考になるかなと。
ページ数が短いのでさらっと読めますし、薦めておきます。





昨日もう一つ買った本がコレ。

4862380077警察裏物語
北芝 健
バジリコ 2006-05-30

by G-Tools


買いたかった本がなく、たまたま見つけたコレを買ってみました。
北芝健さんをテレビのある番組で見かけ、強烈に好きになった人だったので結構前から読みたいなぁと思っていました。
この人のような警官が増えてくれれば、日本は良くなるんじゃないかなぁ。

1260円と高いので、古本屋で見つけて興味があれば買ってみてもいいんじゃないかなぁ。
posted by ヴぃ at 16:40 | Comment(4) | TrackBack(0) |

2006/07/13

どうもお久しぶりですぅwww⊂二( ^ω^)⊃

今日ようやくネットが繋がった。
ドキドキしながら一ヶ月ぶりのメールチェックしたら、友人からのメール0通。

ねぇ、これ、どういう事?

ねぇ、どういう事?



皆様お久しぶりでございます。
うんYOU達、氏んじゃいなよ!( ゚Д゚)イッテヨスィ


この一ヶ月色々ありましたねぇ。
日本代表もあっさり負けてしまいまして。
柳沢なんてゴール前でアウトフロントでおり返しちゃったりしちゃってね。
えっ?今の何?ワンツーでも狙ったわけ?
おいおい、そこでおり返してどうする柳沢eeee_black-middle.gif
西曰く「サッカーやめろどころの話じゃねーよ。人生やめちゃえよ。」とまで言ってましたからね。


まぁここまで書きましたけどね、
この一ヶ月ネタになるような事もいっぱいあったんですけどね、熱が冷めちゃったので、この一ヶ月で読んだ本でも紹介しておきます。
誰かがこの中の一冊でも手にとっていただければ幸いですfly_51.gif
ちょっと多いため、アフェ省略。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「東京タワー」リリー・フランキー◎ 泣くまいと思ってたけど最後泣いた。


「巷説百物語」京極夏彦○ 後巷説で直木賞獲ったけど続巷説で終わった方が終わり方がきれいだと思う。


「続巷説百物語」京極夏彦◎


「後巷説百物語」京極夏彦○


「秘密」東野圭吾◎ マジ面白かったと思いますよ。思います。けどさぁ、もう二度と読みたくありません。おー宅読んだ写真家の漫画並に憤慨しました。そんなの認めない!って感じ?名作。


「白夜行」東野圭吾◎ まじ面白かった。素晴らしい。終わり方が凄く綺麗でした。名作。


「幻夜」東野圭吾○ 白夜行と似てます。白夜行読む前だったら面白いかも。


「片想い」東野圭吾○ 性同一性障害について考えさせられた。


「レイクサイド」東野圭吾


「探偵ガリレオ」東野圭吾 「容疑者Xの献身」シリーズ一作目。読まなくても良いと思う。


「予知夢」東野圭吾 「容疑者Xの献身」シリーズ二作目。同上。


「功名が辻(1)〜(4)全巻」司馬遼太郎◎ 司馬遼太郎好きの友達に影響されて、ただ今司馬遼太郎にハマっております。「燃えよ剣」とか「竜馬が行く」とか「最後の将軍」とかなら読んだ事ありますが、そんなに読んだ事がないっていう印象でした。たまたま家に30冊ほど司馬遼太郎があったので読んでます。面白いです。ただ、年号、地名とかがあまりピンとこないのが残念。西暦とかも書いてくれって感じ?


「尻くらえ孫市」司馬遼太郎◎ 織田信長を連戦連敗させた戦国最強の鉄砲隊頭目、雑賀孫市の話です。めちゃくちゃ面白かったです。戦国無双にも出てるよ。


「最後の伊賀者」司馬遼太郎


「新説太閤記」司馬遼太郎 ←ただ今読破中


「坂の上の雲(1)〜(8)」司馬遼太郎 ←ただ今読破中



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんな感じかなぁ。来週あたりから本格的に更新し始めると思います。
更新してなかったのに、毎日訪れてくれてた人ありがとう!ありがとう!ありがとう!

posted by ヴぃ at 18:20 | Comment(6) | TrackBack(0) |

2006/05/10

神奈川@アパート

ようやく帰ってきましたよっと。
いやはや、こっちは暖かくて良いですね。
うん快適ですよ。
どうもヴぃでございます。

こっちに帰ってきて早くも風邪気味です。
なんか気温が違いすぎるんだもん。寒いよ地元( ゚Д゚)ノω チソコクラエッ!

久々にネット循環しましたら、いやいや知らない事が多いね。

あああああっ、関係ないですけど今エンジェルハートやってるね。
日テレかな。

そうそう地元に帰った時に結構本を読んだので、箇条書き。
もうちょっと読んだと思うんだけど、思い出せません。
まぁ思い出せないやつはたいした事なかったんだと思います。
「リアル鬼ごっこ」とか読んで1ページ目で投げつけようかと思ったほど最悪でしたけど
( ゚Д゚)ノフォラァヨ!! ---===≡≡≡ω シュッ!

以下、箇条書き。

「変身」東野圭吾○

「容疑者Xの献身」東野圭吾◎×2←これだけはガチ

「火車」宮部みゆき◎

「蒲生邸事件」宮部みゆき◎

「姑獲鳥の夏」京極夏彦◎

「百器徒然袋 雨」京極夏彦○

「ルー=ガルー」京極夏彦○

「リアル鬼ごっこ」山田悠介

「アフターダーク」村上春樹

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「カミカゼ公演記 in NY」今井雅之

「国家の品格」藤原正彦



だいぶジャンルが偏ってますけどね。
好きなんですよ、ミステリー。
下二つを除いて面白かった物には○と◎を書いておいたので、暇な人は読んでみればいいんじゃないかな。


あと友達から薦められた本と、「東京タワー」、「陰日向に咲く」を読んで、
京極さんの本を読み漁ろうかなと考えております。

まぁこんな事言っておいて、僕も小説なんか読むんだよ的なアピールしてますけどね(主に婦女子とかに)、
他にも実は「GS美神玲子(全巻)」とか「幕張(1〜4巻)」を見ながら(´艸`*)ぐふふとか言っていたのは秘密ですよ手(チョキ)
posted by ヴぃ at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。