2006/11/02

最近読んだ本について

インテルも無事にCL勝ちましたね\(^o^)/インテル ハジマタ!

というわけで最近読んだ本でも紹介しときます。
結構読んだんですけど、ほんとにお薦めっていう本だけ紹介しときますね。
敵をつくりたくないんでw

うはwww小心者のヴぃでございますwww⊂二( ^ω^)⊃





4396208138陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
祥伝社 2006-05

by G-Tools


「陽気なギャングが地球を回す」の続編。

もうニヤニヤしっぱなしでしたね。
台詞回しが絶妙というか、もう魅力的な登場人物ですね。
台詞回しが上手い森博嗣のS&Mシリーズと同様好きなシリーズになりそうです。(全然タイプ違うけどね!)

「地球を回す」の方が面白かったかなぁとは思いますが、
「日常と襲撃」も十分面白かったといえます。

エンターテイメントとして一品かと。






4101250227ラッシュライフ
伊坂 幸太郎
新潮社 2005-04

by G-Tools


陽気なギャングが面白かったので、伊坂作品を読んでみようと買った本。
併走する四つの物語(四人の主人公?)が、最終的に交錯するという物語。
最後の方は怒涛のように交錯していくので、飽きずに読めたかな。
え?こんな所で交錯してたの?なるほど!って感じ。
こういう内容の小説は多々あるんだろうけど読んだ事無かったので新鮮でした。






4043710011ドミノ
恩田 陸
角川書店 2004-01

by G-Tools


上で紹介した「ラッシュライフ」のような感じの小説。
ただラッシュライフはちょっとミステリちっくだったかなぁというのに対し、ドミノはパニックコメディって感じです。

あと違う点があるとすれば、登場人物の多さかな。
ドミノは、合計27人の登場人物がいます。
一体この人は誰だ?って感じで何回登場人物の紹介欄に戻った事か…。
まぁでもそのめんどくささを差し引いても面白かったかなぁ。
スピード感とドタバタ感では圧倒的にこっちの方があったかなという印象です。
笑えます。爆笑って感じじゃないですけど、ニヤニヤ系?(・∀・)ニヤニヤ
ただ最後のオチが微妙すぎ!






4101234175夜のピクニック
恩田 陸
新潮社 2006-09

by G-Tools


ちょっと紹介しようかどうか迷いましたが、紹介しときます。
夜を徹して80キロを歩きとおすという、高校最後のイベント「歩行祭」についての物語。
「郷愁」というか、そんな青春俺にも有ったなぁ的、懐かしい感じを味わう内容です。
好きな人もいれば嫌いな人は嫌いかと。

ついでに言うと、いろんな事が起こるんですが基本的に「80キロ歩く」祭なので飽きる人は飽きるかと思います。
まぁでも読み終わった後に「青春って素敵やん?」って、
青春がはるか昔に色んな意味で終わった僕が呟いていたのは確かです。






ついでにw

4094161015やっぱりおまえはバカじゃない
吉野 敬介
小学館 1998-02

by G-Tools


説明不要!勇気をもらったw







〜ただ今読破中〜


愛と幻想のファシズム(上・下) 村上龍

播磨灘物語(一〜四) 司馬遼太郎


posted by ヴぃ at 17:36 | Comment(4) | TrackBack(1) |
この記事へのコメント
陽気なギャングが地球を回すは、俺も表紙が気になって買おうか迷って、結局バイト三昧で読めないだろうと諦めていた本のうちの一冊です。
あー明日も6時起きでもうイヤになっちゃうわぁ。
Posted by ななちゃん at 2006年11月03日 00:41
>>ななちゃん

バイト乙!
陽気なギャングは、結構すぐに読み終わると思うよwww
読みやすい。マジでお薦めっすwww

名古屋行けなくて正直スマンかったorz



Posted by ヴぃ at 2006年11月03日 04:53
またしてもインテル始まりましたねw


  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   いっぱい本を読みたい!
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f  そんなふうに考えていた時期が
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!   僕にもありました

時間はあるんですが、いかんせん、集中力がないので最近本が読めませんorz
Posted by じむ at 2006年11月03日 17:20
>>じむさん

インテルきてますねぇ。

僕も時代小説とか京極さんの京極堂シリーズ読む時は、
すぐに集中力切れたりしてますw全く進みませんw
内容が濃い小説だとすぐ疲れちゃいますwww

それに比べ内容が薄い、読んだ後になんか得たものあんの?って感じの小説の方がスイスイ進んじゃいますwww
特にドミノとか陽気なシリーズとか得たものなんてこれっぽっちもありませんwww⊂二( ^ω^)⊃
Posted by ヴぃ at 2006年11月04日 14:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26638164

この記事へのトラックバック

陽気なギャングの日常と襲撃 |伊坂 幸太郎
Excerpt: 正確には星3.5とつけたいところなのですが個人的にキャラクターが大好きなので繰り上げて星よっつ。 相変わらず会話が絶妙でフランス人によるアメリカの通販番組のようにちょっとオシャレで軽快なジョーク..
Weblog: ミステリー倶楽部
Tracked: 2007-02-08 16:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。