2006/11/28

9・9新潟旅行 〜その四〜

ななちゃん就職マジ良かったね!

もうおめでとうって言いたいよ!うん、裸で!



あああっ、違うよ違うよ!!
モテナイからってついに男にまで走ったかとか思わないでね!
「アッー!」っていうコメントとかも要らないからね!
嫌ですよ、そんなコメントでコメント欄が埋まってたら…。
ガクブルですよそんなの。
い、嫌だなぁジョークですよジョーク。

で、でもね確かにちょっと危険なギャクかもしれません。
もしかしたらななちゃんが高速でこのブログをお気に入りから抹消してしまうかもしれません。
ていうか僕の記憶を抹消しているかもしれません。
うん、そうだね諸刃の剣だね。
素人にはお薦めできない。


アッー!!!





それではまだ、その一その二その三、を読んだ事無い人はそちらから呼んでみる事をお薦めします。



さていきなり逆方向にぶっ飛ばしていくTAKAさん!


もうね、「黙って俺に付いて来い!」と言わんばかりの全くの逆方向でしたからwww
お前は信玄隊か?侵略する事火の如しか?っていうぐらい突っ込んでいきましたよ。
でもねTAKAさん。違うよ!方向違うよっ!



<ニニ ロ━━━━O/⌒ヽ━━━━
         ∧,,∧(^ω^ ) <城攻めだおwww突撃だおwww
        /ο ・ )Oニ)<;;>
        /   ノ lミliii|(ヾゝ
       (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
          ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
         / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
         ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
             (_ヽ




なんか僕一応地元民でしたから、幹事的な感じだったんですよ。
だからもう花火間に合うのかどうかヒヤヒヤしてたんですよ。
でも後続車の名古屋&地元組の車の中では、あの西だけはね。



  そだ  |------、`⌒ー--、
  れが  |ハ{{ }} )))ヽ、l l ハ
  が   |、{ ハリノノノノノノ)、 l l
  い   |ヽヽー、彡彡ノノノ}  に
  い   |ヾヾヾヾヾヽ彡彡}  や
  !!    /:.:.:.ヾヾヾヾヽ彡彡} l っ
\__/{ l ii | l|} ハ、ヾ} ミ彡ト
彡シ ,ェ、、、ヾ{{ヽ} l|l ィェ=リ、シ} |l
lミ{ ゙イシモ'テ、ミヽ}シィ=ラ'ァ、 }ミ}} l
ヾミ    ̄~'ィ''': |゙:ー. ̄   lノ/l | |
ヾヾ   "  : : !、  `  lイノ l| |
 >l゙、    ー、,'ソ     /.|}、 l| |
:.lヽ ヽ   ー_ ‐-‐ァ'  /::ノl ト、
:.:.:.:\ヽ     二"  /::// /:.:.l:.:.
:.:.:.:.:.::ヽ:\     /::://:.:,':.:..:l:.:.
;.;.;.;.;;.:.:.:.\`ー-- '" //:.:.:;l:.:.:.:l:.:



的なね。
もうね、アホかと。


まぁその後はね、どこをどう行ったのか分かりませんが、花火会場に着いちゃいましたよ。
ナイスドライビング!
1〜2キロぐらい離れた所に駐車。
もう花火は始まっていたんですがね、あまりのでかさに興奮してましたよ。


で、腹も減っている事だしなんか酒でも飲みたいし、屋台を探しながら、
花火の打ち上げ場所に近づいていきました。


交通整備のおばちゃんとかに、
「屋台ってどこにありますかね?」とか聞いたら、
ガチで「知らんがな…(´・ω・`)」って言われたりとかてんやわんや。
花火を見ながら探していたのですが、東京とかと違って、ビルとかの障害物が無いからめちゃくちゃ綺麗に見えてました。


どこにあんの?どこにあんのよ一体。と彷徨っていると、
ジーコこと、さちこさんの鶴の一声。


「あっちにいい匂いがする…。」


ほ、本当かよっ!周りに屋台の気配すらしないよっ!


でも当ても無く歩いているのもなんだかなぁという事でそっちに向かう事数分…。







……、あったよ屋台。








「あんたジャイアンかよっ!あんたはジャイアンなのか?」
と言いたいのをここでグッと堪える大人の僕。
スカウターでも持ってんじゃねーの?というぐらい正確に言い当てたジーコさん。



  n /⌒ヽ
 (ヨ(^ω^ ) グッジョブ!
  Y    つ




で、屋台で個人個人が好きな物買って来ようという事でいったんバラバラに。
そんな屋台いる時、ちょうど三尺玉が上がると言う事で、空襲警報みたいな音が鳴りました。


+ ;
* ☆_+
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',   逃げて逃げて〜!!!
       =  {o:::::::::(;´Д`):::}
         ':,:::::::::::つ:::::::つ
      =   ヽ、__;;;;::/
           し"~(__)





               ∧∧
   ┃   ┏━┃     (,,゚∀゚)       ┃┃
 ━┏┛ ┏━┃ ━━/ つ━━┛ ┃┃
 ━┏┛ ┛  ┃   〜( ,ノつ      .┛┛
   ┛       ┛     (/          ┛┛





三尺玉をあんな真下から見たのは初めてでしたよ、ええ。
でも家が邪魔で全部見えませんでした。
うん、近すぎたね。これが四尺玉じゃなくて良かった。


僕はその時西と居たんですが、
西が焼き鳥買ってくれました。<西いつもありがと。
そしてビール代も出してくれる西。漢です。



んで、皆集まって、適当な所に座りながら花火を見ることに。


午後10時ジャスト。いよいよ、今日の主役四尺玉ですよ。
残念ながら四尺玉の時は空襲警報は聞こえず。


最初花火が上がって玉が開いた瞬間、
「あれ?こんなもんだったっけ?」って感じで、ショボショボかも。。。
って正直思いました。

まさに、


  ┏┓
┏┛┗┓∧∧ ∧∧ ∧∧ ∧
┗┓┏ ( (-( -( -( -д ( -д)
┏┛┗(つ(つ/つ//  二つ
┗┓┏ ) .| /( ヽノ  ノヽっ ━━ ・・・
  ┗┛∪∪とノ(/ ̄ ∪

  ┏┓     ┏┓    ∧
┏ (( (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ
┗┓ ⊂`ヽ( -д- ) _)д-) )  ノノ
┏┛┗⊂\  ⊂)  _つ
┗┓┏(/(/∪∪ヽ)ヽ) ノ ━━━ ・・・
  ┗┛ ∪ ̄(/ ̄\)

          ∧∧∧
       ∧∧-д-)-)
       ( -д)―〇 )
───<⌒/`ヽ_つ-、ヽ──・・・
    <⌒/ヽ-、ヽ_\
  /<_/____/



    <⌒/ヽ-、___
  /<_/____/





こんな感じだったんですがね。

その時、耳元で大砲ぶっばなしたらきっとこんな音がするって感じの音がしましたよ。ええ。




          \キタ━━━━━━━━━!!! / /:::::::ヽ___
━でお待ち下さ\  \●ノ\●ノ    / 丿 ::.__  .:::::::::::::
      ∧_∧(\へ■   ▼へ /  / /。 ヽ_ヽv /:
ち下さい(  ゚∀゚)  \  > <  /  / / ̄ ̄√___丶
 ∧_∧( つ  つ   \∧∧∧/━━ | .:::::::::: / / tーーー|ヽ
(  ゚∀゚)そのままキタ━< 激 >    | .:::::.  ..: |    |
( つ  つ         <  し >    | :::    | |⊂ニヽ|
そのままキタ━でお待ち <  く  >/ /| :    | |  |:::T::::|
──────────< キ >──────────
キタ━━━━(゚∀゚)━━ < タ  >    ┏┓    ┏━━┓
キタ━━━━(゚∀゚)━━ < │ >┏━┛┗━┓┃┏┓┃
キタ━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) < !!!! >┗━┓┏━┛┃┗┛┃┏
キタ━━━━━(゚∀゚)━/∨∨∨∨\ ┛┗━┓┃┏┓┃┃
キタ━━━━━(゚∀゚)/ _∧   ∧ \ ┏━┛┗┛┃┃┗
キタ━(゚∀゚)(゚∀゚)(/( ゚ ∀゚ )━ ( ゚ ∀゚\         ┃┃
キタ━━━━━(/━∪━━∪━∪━━∪\      ┗┛
キタ━━━━ /┃ しばし  キタ━━(゚∀゚)━!!!\




奇跡の花火。


そうとしか形容できない花火でした。





  *                  *
      *                      ☆
               o

                 (       *            奇跡の花火………
    ☆          )
               (
                )
               (
                )




.∧ ∧∧ ∧   ∧ ∧ ∧ ∧    ∧ ∧  ∧ ∧∧ ∧
(   (   )   (   ) (   )    (   ) (   )   )


            *   *   *
         *  .※  ※  ※.  *
       *  ※ ☆ ☆ ☆ ☆ ※  *
      *  ※ ☆   ※ ※   ☆ ※  *
     *  ※ ☆  ※   ※   ※  ☆ ※  *
    * ※ ☆ ※   ※ ☆ ※  ※ ☆ ※ *
   * ※ ☆ ※  ※ ☆  .☆ ※  ※ ☆ ※ *
  * ※ ☆ ※ ※☆     ☆※ ※ ☆ ※ *
  * ※キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!※ *
  * ※ ☆ ※ ※☆     ☆※ ※ ☆ ※ *
   * ※ ☆ ※  ※☆  .☆※  ※ ☆ ※ *
    * ※ ☆ ※   ※ ☆ ※  ※ ☆ ※ *
     *  ※ ☆  ※   ※   ※  ☆ ※  *
      *  ※ ☆   ※ ※   ☆ ※  *
       *  ※ ☆ ☆ ☆ ☆ ※  *
         *  .※  ※  ※.  *
            *   *   *


\\      オ ー ッ         オ オ ー ッ   //
 \\                           //

.∧ ∧∧ ∧   ∧ ∧ ∧ ∧    ∧ ∧  ∧ ∧∧ ∧
(   (   )   (   ) (   )    (   ) (   )   )






皆満足してくれたようで、何よりでした。


僕は車まで歩いて帰る中、コナン君と綺麗な夜空の元、
立ち○○ンしたことをいつまでも忘れませんwww
あれは開放的でしたwww


10時半ぐらいまで花火やってるんですが、大渋滞を避けるため早めに帰ることに。
このまま山に行って星を見ることに。
しかし、考える事はみんな一緒。結局大渋滞にハマってしまう事に…。
あっ、ちなみに運転しているのは、TAKAさんとななちゃん。どちらも一滴も飲んでませんので。彼らは飲めません。


詳しくは、

先頭車;運転手ななちゃん、僕、トッティ、西。
後続車;運転手TAKAさん、コナン君、ジーコ、ひろこちゃん。







そんな大渋滞の中、わき道を見つける助手席の西。

西「おいおい、ここ行った方が早いんじゃね?」
ななちゃん「アホか!どこ行くかわかんねーだろ。」


んで結局、そのわき道はスルー。
しかし後ろを見ると、そのわき道を通って行く車多数。


西「後ろ見てみろよ!みんな攻めてるじゃねーか!」


と散々文句垂れる西。この人酔っ払ってます。
そんな時、間の悪い事に数十メートル先に再びわき道発見。


ななちゃん「…。どうすんだ?」









西「……。攻めろっ!!」







他3人「ちょwwwwwwww」




てか「攻めろっ!!!」ってなんだよwwwww



ななちゃんも「ME行っちゃうよ?ME行っちゃうよ?」とか言って、
ちゃっかりわき道行ってんじゃねーよ!

西も「YOU行っちゃいな!行っちゃいなよ!」とか煽ってんじゃねーよ!

トッティも「もういいよ。」とか何だよ!僕疲れちゃったよパトラッシュ的にあきらめてんなよっ!

どうすんだよっ!どこに行くか分からんのよ?






とは言ってもね。
まさか、このままあんな方向に行くとは思ってませんでした!
さすがに僕んちの方面とは言わないまでも、そっちに近い方面に行くと思ってたよ!


どうすんだよ!あのまま行ってたら「こんにちは群馬県|゚∀゚)ノ ィョゥ」なんて事になってたんだぞ!



______
|←群馬|
. ̄.|| ̄     オワタ┗(^o^ )┓三
  ||           ┏┗   三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







うん、これが不幸の始まりでした。

うん、言うまでも無いよね!



〜次回に続く〜
posted by ヴぃ at 06:54 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記

2006/11/22

さちんこ&コナン君

まじ合格おめでとー!!!!!


聞いた時はガチで泣きそうになりました。

やっぱツライ時期もあったと思うし、ちょっとは理解できる事もある。
さちんこさんは去年本当に凹んでいた事も知ってるし、
コナン君は本気で就職考えた事も知ってます。

今まで社会人にすらなれていないという葛藤と、
本当に受かるんだろうかという不安。
ななちゃんも言っていたけど、
仮に今年誰も受からなかったと言われても別に驚きもしないような試験だから。

おめでとう。
本当におめでとう。








ではでは堅苦しい話はこの辺までにして。

これから二人ともちょっとリッチになるわけですよ。
これから今まで出来なかった事もできるわけですよ。

だって24歳のペーペーがいきなり「先生!先生!」って言われるんですよ?
だってだって可愛いOLさんとかに、
「せんせぃ、せんせぃ、ここが分からないんですけどぉ」って言われるんですよ?





「個人的に教えてもらえますかぁ、ああっ、そっ、そこはらめぇえええ!」とか言われるんですよ?
うはwwww夢がひろがりんぐじゃんwwwwww





で、ですよ。やっぱりこんなお店とか行ってみたいじゃないですか。
きっとかわい子ちゃんが膝枕なんかしてくれるんですよ!
きっとボディタッチとかもオプションでついてくると思うんですよ!
昼間っから行けば良いじゃない!
ぜひ二人で行ってみてよ!!


http://www.yamamotomimikaki.com/

(注)風俗店ではありません!健全なお店ですよっ!!
posted by ヴぃ at 15:09 | Comment(4) | TrackBack(3) | 日記

2006/11/17

9・9新潟小旅行 〜その三〜

18号は俺の嫁!
どうもヴぃでございます。

最近ドラゴンボールを読み返しているんですよ。
(´艸`*)うふふ人造人間18号が可愛すぎ!もうねクリリン氏ね!


ではではそんな痛い発言してないで、
だいぶ昔の新潟旅行について書きたいと思いますよ。
その一 その二
前回、前々回を見たこと無い人は上のやつでも見てみてください。






さてさて、西の身代わりにずぶ濡れにされた可哀想な僕。
当然ブチギレですよ。ブチギレ。




       (|)
 /\○ │ ←ブチギレの僕
   /\/                /\○   ←逃げる西
\/\                      /\/
                      =\/\






  ○ ←追いつく僕
 く|)へ 
  〉  ヾ○シ ←川に突っ込まれる西
 ̄ ̄7 ヘ/
  /  ノ
  |   
 /
 |
 |





当然こんな感じで西のアホをずぶ濡れにさせてやりましたとも。
そんなキャピキャピして遊んでいましたが、なにやら日本海に沈む夕日が見たいという意見がありまして、日本海まで行く事に。


でもね、何度も言うようだけど僕ずぶ濡れなんですよ。




           r'丁´ ̄ ̄ ̄ ̄`7¬‐,-、           /
        r'| |          |  |/  >、     /
        ! | |          |  |レ'´/|       |   待 て
        | | |   /\   |  |l  /⊂う    |
        | | |__∠∠ヽ_\ |  リ /  j     ヽ   あ わ て る な
        |´ ̄   O   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!      〉
        l'"´ ̄ ̄ヾ'"´ ̄ ̄`ヾ::幵ー{       /   これは孔明の罠だ
        ⊥,,,,,_、    ___,,,,,ヾ| l::::::|      |
         lヾ´ f}`7   ヘ´fj ̄フ  | l::i'⌒i    |  いったん家に帰ろう
         l ,.ゝ‐イ    `‐=ニ、i | l´ ( }    ヽ
         l     {         U | l 、_ノ    ∠ヘ
        l   / ̄  ''ヽ、   | l ヽ_       \,_________
           !  ハ´ ̄ ̄ ̄`ト、  |亅〃/\
        ,人 f ´ ̄ ̄ ̄``ヾ  j ,!// {_っ )、
      // `ト、__iiiii______,レ'‐'//  _,/ /スァ-、
    ,.イl{ { 々 !/´しllllト、 ̄`ヽ、 // /´,.-、 /彑ゝ-{スァ-、
  ,.イ彑l l > ゞ く l 〃 l|ハ.lヽ、 ハVゝヽ二ノ/ゝ-{、彑ゝ-{、彑ァ-、
,.イ彑ゝ-'l l ( (,) レシ′   !l `ソァ'´    _ノ7{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑{
ュゝ-{、彑l l  ` -イヘ      !l // /⌒ヽヾ/_ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、
 {、彑ゝ-'l l f⌒Yハ ',    !l/ / ヽ_う ノ /-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ
彑ゝ-{、彑l l{ に!小 ヽ   /!l /   ,/ /彑ゝ-{、彑ゝ-{、彑ゝ-{、





って言ったんですけど、あっさり却下されました。
みんな諸葛孔明の怖さ知らないんだよっ!ふざけんなよっ!
日本海までの通り道に俺んちあるんだよっ!寄ってくれても良いじゃん!


これでも力説したんですよ?でもね、
「海で洗えよ、カスが…。時間がねーんだよ」的な素敵発言が飛び出しちゃったりしてね。
海で洗えて…。さらに濡らしてどうするのよ。何この仕打ち?酷くない?
うん、そうだね諸葛孔明なんてふざけなければ良かったね。



それで詳細は省きますが、無事に夕日を見ることが出来ましたよ。
最後は雲に隠れてしまって、
地平線に隠れる夕日を見ることが出来なかったんですが、
それでも満足してもらえたようです。


でもね、それもこれも、僕の犠牲あってのことですよ!皆さん!
僕んちに寄らなかったから夕日に間に合ったわけですよ。
夕日に間に合った代わりに僕ずぶ濡れのままですよ。
だからさ、僕にごめんね的な発言があっても良いんじゃないかな?


  キラキラ
 +   +
|  +  +
|" ̄ ゙゙̄`∩  + キラキラ
|      ヽ +  +  +
|●   ● i'゙ ゙゙゙̄`''、+
| (_●_)  ミ     ヾつ +<ごめんね的な発言はまだクマ?
| ヽノ  ノ●   ● i
{ヽ,__   )´(_●_) `,ミ



と目をキラキラさせて待ってたんですがね。
「いーよいーよ、気にすんなよ。」と返しのセリフまで用意してたんですがね。
ごめんの「ご」の字も出てきませんでしたよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。藁



/::::::/::::::::::::::::\/   |:::::/|:::::| |::::::| |::::|::::::::|:::::::::::::|::::::::::\:::::::::::::::
:::::::/::::::::::::::::::/ ヽ、  |::/ |::::| |::::::| |::::ト、:::::|、:::::::::::|:::::::::::::::ヽ:::::::::::
:::::/::::::::/::::::/  ,==>ト{_, |:::| |::::::| |::::| \|\::::::::|::::::::::::::::::|::::::::::
/|::::::/|:::::::| イ /( )、ヽ  |:::| l`'十┼┼-----‐<「:::::::::::|:::::|::::::::::
  |:::/::o::::::| | {::::::l|l|::!|  V  |:::::! レ/´,ィ´ ̄`ヽ::::ト、::::::::|:::::|::::::::::
  レ'.:::::|::o::! ヽヾ、:::ノノ      ヾ、|   | /::ヽ、_ノレ' ヽ:::::::|:::::|::::::::::
/.:::゚:::∧:::::|(__)ニ==ニ             | |::::::l|l|l:::::::|   ト、::::!::::。:::::::::
.::::::::::/::::ハ:::| ´ ̄ ̄`             ヽヾ、;;;;;;;;;;ノ  O::::o::::::::::::::::
::::::::/::::/ .:ヾ、      .:::     ´ ̄ ==‐- 二つ /:::::::::::::::::::::::::::  
:::::/::::/ .::::∧       `                   /::::::::/::::::::|:::::::::
::/::::/ .:::::/::∧       ヽ`'ー--- 、           /.::::/:::::::::::|:::::::::
/:::/ .:::::/.::/.::.ヽ       |:::::::::; -‐::::.ヽ       /.::::/:::::::::::::::::|:::::::::
::::;' .:::::/ .::i:::::::::.\    !:::/7:::::::::::::::::i    /.::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::
.:::! .:::/ .:::::!:::::::::::::/\  V〈::::::::::::::::::::|   ∠:::::/:::::::::::::/.:::/::::::|:::::::::
::::|:::/ .:::::::l::::::::::::/.::::::.\ \ヽ、_//    /::::::::::::::::/::::/|:::::::|:::::::::
::::レ' .::::::::/::::::::::/.::::::::::::::.\ `'ー--‐' _,. ‐'"/.::::::::::::/.::::/::|:::::::l\::::
:::::::::::::/.::::::/.::::::::::::::::::::::.`'ー--‐''"´ヽ /.:::::::::/.:::::/::::|:::::::|  \

              あやまれ!!
             みんな僕に謝れ!!
          「いーよいーよ」って言わせてよ!!







さあさあ、いよいよ旅の目的の一つである片貝花火に向けて出発ですよ。
道が分からないので、先頭車はカーナビが着いてるレンタカー組で。
運転手はTAKAさん。


でもね、まさかそう来るとは思いませんでした。

結構時間ギリギリなのにそう来るとは思いませんでした。

カーナビがあるんでそう来るとは思いませんでした。

まさかいきなり全く逆方向に向かってぶっ飛ばして行くとは思いませんでしたよ!




さすがですTAKAさん。空気読みすぎです!






次回に続く。

全然進みません。てかまだ花火すら出てこないっす。




posted by ヴぃ at 13:50 | Comment(8) | TrackBack(1) | 日記

2006/11/14

おかみ結婚式

トトロの家族の女将さん(新郎)が結婚いたしました。
新郎新婦共に本当に幸せそうで良かったです。

で、ブログで書けよと言われたんですけど、



ごめん何にも覚えてねーわ!



披露宴の最後の方から記憶が曖昧です。
二次会にいたっては寝てたので知りません。皆迷惑かけてごめんね。
でも僕の役目は果たしたと思うよきっと。
やるだけやってあとは知らん的なね。僕はそんな感じでいいんだと自分を慰めておきます。


うん、なんだかんだで幸せそうな新郎新婦見れただけ良かったです。
マジでおめでとう!おかみさん!



追記;今週中に新潟旅行記をまとめたいと思っております。木曜か金曜あたりに書きたいかな。需要は無いだろうと放置してたんですけど、書けって言われたんで書きたいと思います。マッタリ待っててください。
posted by ヴぃ at 09:23 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2006/11/11

明日朝一で

久しぶりに遠出します⊂二( ^ω^)⊃
ちょっくら関東圏に。
うん、そうなんだ。友達の結婚式なんだ。



うはwwww人にビビリまくりんぐwwwwおkkkkwwww
俺対人恐怖症wwwwwうはwwwww
うひょwww誰とも会話してねーwwwwおkおkおkwwww



って事だけにはならないように頑張ります。全然おkじゃない。




さっき西に電話で、

「え?お前もうチャリで向かってんじゃねーの?」

って言われたけど、




それはねーよwwwww



posted by ヴぃ at 19:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006/11/10

え?

あんね、このブログ当初は何気なく日頃の事でも書いていこうかなと思って始めたんですよ。


それでね、色々な人が訪れてくれると嬉しいなぁとは思ってました。
また訪れてくれるだろうと思ってました。

学生の方もいれば、

働いている人もいるだろう。

会計系の資格を目指している人が来てくれる事もあるだろうし、

もしかしたらおっちゃんやおばちゃんが来てくれる事もあるだろう。

光の速さで戻るボタンを押して帰っていく人もいるだろうし、

「何だここ」と興味を持って見てくれる人もいるだろう。






昨日の事です。
アクセスカウンターの所にマウスをあててもらえば分かると思いますが(右下辺りにあります)、昨日のアクセスがここ数週間の中で異様に高かったんですよ。
最近更新してなくて過疎ってますから100を超える事なんてほとんど無かったですから。

でね、あれ?なんだこれ?と思って調べてみたんですよ。
何が起こったのかなと。




…ふむふむ、あれ午前三時ごろだけ異様にアクセス伸びてるなぁ。

…しかもこの一時間の間だけ、一体何が起こったの…?

…一体誰が?えーとここをこうしてぇ…。

…ふむふむ、………あっ、あれっ!!!!!



( ゚д゚)エッ?

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)マジ?

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)














無題4.bmp




!!!

















まさかまさか、韓国から団体のお客様が来るとは思ってもみませんでしたwww
まさに予想外っすwww
何か気にくわない記事があったのかなぁ。
うはwwwサーセンwwwwwww
常連になってくれるかなぁwwww⊂二( ^ω^)⊃

posted by ヴぃ at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006/11/09

というわけで、

2回連続で本紹介はなんだかなぁという事で、
ちょっとだけ日記更新しておきました。下の日記も見てね!

ごめんね、でも下の日記すごい短いの。
内容も無いけどwww(゚Д゚)ジャポ(・∀・)ニカ!



では読み終わったお薦め本紹介。

4062739321播磨灘物語〈1〉
司馬 遼太郎
講談社 2004-01

by G-Tools



うん、面白かったです。長いけど。
豊臣秀吉に仕えた天才軍師と言われる黒田如水の生涯を書いた小説。
秀吉の中国攻めなんかがどういう感じだったかとか、
中国大返しをした時の状況とか、良くわかりました。

改めて歴史小説って勉強になるなぁと思ったね。
教訓的なものとか、得るものが多いかなぁとつくづく思いました。
当たりだと思った歴史小説。





4062751941半落ち
横山 秀夫
講談社 2005-09

by G-Tools


横山秀夫さんの小説初めて読みました。
なんだか男っぽい文章でね、ああっ濡れるって感じ?

で、この「半落ち」は2003年版『このミステリーがすごい!』国内編では第1位に選ばれていたんだけど、直木賞選考会でさほど高い点は得られず、「落ちに欠陥がある」とさえ言われ、受賞できなかったらしんですよ。
んでこの横山さん、直木賞と決別宣言しちゃったらしいんです。
まぁ詳しくはググって見てください。

という訳でこの問題作を見てみますかと思い立ったんですよ。
警察官が妻を殺害して自首してきて、動機も経過も素直に話すが殺害から自首までの二日間の行動だけは語ろうとしなく、それを解明しようとする人々の話です。

まぁオチがあんまり気にいらないっちゃ気に入らないけど、面白かったと言えると思います。
これからボチボチこの人の作品読みたいなぁって思う。





4062751666時生
東野 圭吾
講談社 2005-08-12

by G-Tools


古本屋でたまたま見つけて買った本。
不治の病を持つ息子の最後の時が訪れつつある時、主人公が妻に20年以上前に出会った少年との思い出を語り始め、その少年がタイムスリップ?した息子だったんだという話。

意外に面白かったです。
うん主人公のダメッぷりがね、僕にそっくりでした。
俺がいるって感じ?
心の底から俺乙。






4062739275麦の海に沈む果実
恩田 陸
講談社 2004-01

by G-Tools


結構前から恩田陸さんの小説はまってるんですよ。

三月以外の転入生は破滅をもたらすと言われている全寮制の学園に、二月最後の日に来ちゃった主人公の話。
話が二転三転しますからハラハラ読めました!
最後のオチはアマゾン見る限り賛否両論らしいですが、僕はこれでもいいかなぁと思ってます。




〜継続読破中〜

愛と幻想のファシズム 村上龍 ←この小説ちょっとグロイんで恐ろしく読むペース遅くなりそうっす。ただ今挫折寸前中ですwwwww
posted by ヴぃ at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |

どうも

いかがお過ごしですかね。
うん、僕は家からほとんど出ませんから、元気といえば元気でございます。


でもね最近の地元は寒いの。
氏ぬ、氏んじゃう!!って言うぐらい寒いです。
そ、そこは…、らめぇええええええ!!!!!って言うぐらい寒いです。
早速ハンテン着てますからね僕。寒がりです。


うん、最近更新が滞りがちでね、だいぶ過疎ってきましたが、
仕方ないんですよぉ。
だって家からほとんどでないですもん。
ネタなんてありませんよ。


あ。あれですか?深夜に煙草買いに行った時に、お巡りさんに、

「ちょ、ちょっとそこの人待ちなさい!!」ってガチで何かに疑われた事でも書けばいいんですかね。

うんそうだね、久しぶりに親以外の人と喋ったのがそれかよとさすがに凹みました。

うんそうだね、正直僕も書けばよかったかなとは思いましたが、それももう昔の事。

うんそうだね、プロテインだね。


img20060214_2.jpg


posted by ヴぃ at 03:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006/11/02

最近読んだ本について

インテルも無事にCL勝ちましたね\(^o^)/インテル ハジマタ!

というわけで最近読んだ本でも紹介しときます。
結構読んだんですけど、ほんとにお薦めっていう本だけ紹介しときますね。
敵をつくりたくないんでw

うはwww小心者のヴぃでございますwww⊂二( ^ω^)⊃





4396208138陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
祥伝社 2006-05

by G-Tools


「陽気なギャングが地球を回す」の続編。

もうニヤニヤしっぱなしでしたね。
台詞回しが絶妙というか、もう魅力的な登場人物ですね。
台詞回しが上手い森博嗣のS&Mシリーズと同様好きなシリーズになりそうです。(全然タイプ違うけどね!)

「地球を回す」の方が面白かったかなぁとは思いますが、
「日常と襲撃」も十分面白かったといえます。

エンターテイメントとして一品かと。






4101250227ラッシュライフ
伊坂 幸太郎
新潮社 2005-04

by G-Tools


陽気なギャングが面白かったので、伊坂作品を読んでみようと買った本。
併走する四つの物語(四人の主人公?)が、最終的に交錯するという物語。
最後の方は怒涛のように交錯していくので、飽きずに読めたかな。
え?こんな所で交錯してたの?なるほど!って感じ。
こういう内容の小説は多々あるんだろうけど読んだ事無かったので新鮮でした。






4043710011ドミノ
恩田 陸
角川書店 2004-01

by G-Tools


上で紹介した「ラッシュライフ」のような感じの小説。
ただラッシュライフはちょっとミステリちっくだったかなぁというのに対し、ドミノはパニックコメディって感じです。

あと違う点があるとすれば、登場人物の多さかな。
ドミノは、合計27人の登場人物がいます。
一体この人は誰だ?って感じで何回登場人物の紹介欄に戻った事か…。
まぁでもそのめんどくささを差し引いても面白かったかなぁ。
スピード感とドタバタ感では圧倒的にこっちの方があったかなという印象です。
笑えます。爆笑って感じじゃないですけど、ニヤニヤ系?(・∀・)ニヤニヤ
ただ最後のオチが微妙すぎ!






4101234175夜のピクニック
恩田 陸
新潮社 2006-09

by G-Tools


ちょっと紹介しようかどうか迷いましたが、紹介しときます。
夜を徹して80キロを歩きとおすという、高校最後のイベント「歩行祭」についての物語。
「郷愁」というか、そんな青春俺にも有ったなぁ的、懐かしい感じを味わう内容です。
好きな人もいれば嫌いな人は嫌いかと。

ついでに言うと、いろんな事が起こるんですが基本的に「80キロ歩く」祭なので飽きる人は飽きるかと思います。
まぁでも読み終わった後に「青春って素敵やん?」って、
青春がはるか昔に色んな意味で終わった僕が呟いていたのは確かです。






ついでにw

4094161015やっぱりおまえはバカじゃない
吉野 敬介
小学館 1998-02

by G-Tools


説明不要!勇気をもらったw







〜ただ今読破中〜


愛と幻想のファシズム(上・下) 村上龍

播磨灘物語(一〜四) 司馬遼太郎


posted by ヴぃ at 17:36 | Comment(4) | TrackBack(1) |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。